FC2ブログ

i f ナイター中継

高陽町から発信しています。

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

九州プチ旅行 スペースワールド絶叫の後編

運転の疲れからか、朝まで爆睡。
娘がベッドから落ちて顎を打っていたとは全く気付かなかった。

朝食は楽しみにしていたバイキング。
前日にKKさんから『バイキング用のタッパーは持った?』とメールが。
真剣に『しまった!!』と思いましたよ。
実はこのホテル、弊社取扱い保険会社の福利厚生施設で国内に30箇所あり
KKさんはこのホテルに詳しい。と言ってもいいでしょ!

朝食バイキング
パンは普通に4個。子供達は1個ずつ。(ようけぇ食べりゃええのに)
あとでフルーツとコーヒーもいただきました。
・・・しばらく動けませんでした。

スペースワールドの開園は9時30分。
部屋に戻ったら大急ぎで荷物をまとめ、チェックアウト。
荷物はホテルで預かってもらえたけど、マイカーの中に。
車もホテルの駐車場に置いて(承諾済)、9時40分のシャトルバスで出発。

スペースコースターでまず体を慣らす。
娘(小2)も怖がらず楽しかった様子。
次にいきなり絶叫マシン最大級のザターンへ!
娘は身長が少し足りなかったけど(130cm以上)、本人がヤル気なので挑戦。
すごい!!怖かった~!!一人で絶叫しまくり。
スタート後約2秒で時速130キロに到達。
その後高さ65メートルまで急上昇!すぐに急降下!!
もう1回乗ればよかったな。
ザターン

次の絶叫マシンはタイタンVです。これは息子と二人で。
これも絶叫しました!私一人が。
ザターンは一瞬だけど、こちらはゆっくり登ってかなり高いところから落ちます。
斜めに落ちるので怖い!
このコースターには3つのキーワードが隠されていますが
さっぱり分かりませんでした
タイタンV

エイリアンパニックはいわゆる「お化け屋敷」。
そんなに怖くないけど、脅かす人が一生懸命だから、オーバーに驚いてあげた。

ずぶぬれアトラクション惑星アクア
乗る前にカッパ3枚300円で購入。カッパはあったほうがいいです。
もう一つアドベンチャークルーズもカッパ必須です!!
私達は惑星アクアが済んで、カッパを捨ててしまったからずぶぬれになりました
こっちの方がスピードも出るし、スリルがあって面白いです。
カッパを買ったら二つ続けて乗りましょう。
濡れても温風が出る「乾燥室」があるから、これからの季節は大丈夫。

スクリーン見ながら座席が動くヤツも3種類ぐらいやりました。
私はこれが苦手。乗り物酔いしやすい。
ところどころ目を瞑ってました。
ミッション トゥ マーズは「火星の危機を救う」というもの。
火星から地球に戻る時、
『これから大気圏に突入します』の音声に私と息子は肘で突き合ってニヤニヤ。
外に出てから、『助けて下さい、シャア少佐!』
『無駄死にでは無いぞ! 』息子と二人で続きのセリフ

3大ジェットコースターの最後ヴィーナスGPにも3人で乗った。
ヴィーナスGP
1回転は一瞬だから怖くないけど、そのあとが長くて体がツライ。
頭が痛くなりました・・・。
娘も怖かったらしく『やめれば良かった』とテンションが下がった。

ならば緩やかなジェットコースターに子供二人が乗ることに。
私は彼氏と見守っていたけど、彼氏は乗りたかったみたい
彼氏バンザイ

退園したのは17時前。
シャトルバスの時間が合わなかったので、歩いてホテルへ。徒歩7~8分。
車に乗り込んだら、ガソリンがほとんど無い。
補給して枝光IC(17時30分)から都市高速を走り、帰路へ急いだ。
5分で子供達は寝る

急ぐとまたしてもとんでもないことに!
どこで間違えたのか、いつの間にか市内を走っていました
関門トンネルの案内があったので、そっちでいいやと走っていたら
「門司港IC」の看板があったので、また高速を目指して無事に乗ることができた。
関門橋を渡って、中国道から山陽道へ行く「山口JCT」を通り過ぎてしまい
「山口IC」で下りて、料金所で「防府東IC」から乗るように教えてもらった。
防府市内を走っている時はもう真っ暗。
2号線に出たらすぐに「防府東IC」があったので
ここから「広島IC」までは大丈夫でした。
迷ったわりに20時過ぎに到着。
無事に帰宅できて、またしてもどっと疲れが。
次の日(日曜)はいつも通りソフトの練習へ。
ハードなスケジュールでしたけど、とても楽しかった!!



観察していたら子供二人ともジェットコースターより
ふわふわエッグ(ドーム型トランポリン)のほうが楽しかったみたいなんですが。
スポンサーサイト



| ebiko | 03:02 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月