FC2ブログ

i f ナイター中継

高陽町から発信しています。

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

GW明け

連休明けの月曜日、娘は学校を休んだ。
5日の夜から発熱し、6日も上がったり下がったり。
月曜は36.6度に下がったものの喉が痛いと言うし
どうしても今日は休みたいと言う。
念のため病院へ連れて行って、自宅に戻って娘を残して私は出勤。
昼にまた自宅に戻ってうどんを食べさせて、私はまた職場へ。

すっかり元気になってたから学校へ行かせても良かった。
娘が行きたがらなかったのは、どうやら月曜の給食が気に入らなかったらしい。
火曜日は好きなメニューだから絶対行くって。
その気持ち確かに分かるけど、1年生の1年間は無欠席だったのにさ。

6日の法事は実父の3回忌。享年63歳。大動脈瘤破裂でした。
亡くなる5年前にも大きな手術をして危なかったのに
その後回復して新たな仕事も始め、還暦のお祝いができた。
私が小学生の頃、父は体協のソフトボールをしていて
たまに夜のグランドへついて行った。
そこで球拾いや壁投げをして、私の強肩が出来上がったと推測される。

私にも中学時代は少~し反抗期がありまして、父に口ごたえしたら
こたつのコードでぐるぐる巻きにされた。
グローブのような手でビンタされたこともあった。

父は酒癖の悪い時期もあって母を悩ませたりもした。
機嫌がいい時は子供会や町内会等の手伝いを率先してやっていた。
私たちが大人になっても。
照明セットや音響セットをどこから持ってきて準備してたんだろう??
夏の盆踊りにはあちこちの町内会から「太鼓たたき」を頼まれて
土曜日は○○町内会、日曜は△△町内会・・・
南観音の平安閣での盆踊り大会でも太鼓を叩いたことがあった。
それがまたお世辞にも上手と言えない。
私や弟は父が人前で何かするのが恥ずかしくて嫌で仕方なかった。
でも父が亡くなって、太鼓をたたく人が居ない、世話する人が居ないから、と
盆踊りが無くなった話を聞くと、あんな父でも役に立ってたんだなと思う。

父は体協でソフトボールやフットベースボールの審判を長くやっていた。
孫のマー君がソフトボールをやることになった時、きっと一番喜んだはず。
でも一度も孫のユニフォーム姿を見ることは無かった。

週末は息子がキャプテンになって初めての試合。
エラーすると「何やっとんならー!」って声が聞こえてくるかもね。


スポンサーサイト



| ebiko | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月