FC2ブログ

i f ナイター中継

高陽町から発信しています。

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

地震保険料の改定(2007.10)

このたびの新潟県中越沖地震の影響により被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。

地震の報道、しかもまた中越沖地震。続いていますね。
余震による二次被害が出ないことを祈ります。

皆さんは地震保険にご加入ですか?

火災保険では地震による火災は補償されません。
また、地震保険だけ加入することもできません。
火災保険に特約としてセットしましょう。

私ebikoは『地震保険料、高いなぁ』と思いつつ加入(家財・地震付に)しています。
日本は地震列島ですからね。
建物は何とも無いようでも、家の中がぐちゃぐちゃだと
被災された方が答えていらっしゃいました。

地震保険料の改定 2007年10月から
今年、地震保険料は大幅な改定を予定しています。
地震保険は全社共通の商品です。
今回の料率改定および新割引の追加は、損保各社同時期に同内容で実施します。

【改定内容】
(1) 基準料率の変更に伴う料率改定
施行は2007年10月契約分から、全国平均では約7.7%の保険料引き下げとなります。

地震保険は、都道府県別に危険度の低い1等地から4等地まで4段階に分け、
保険料を変える「等地区分」を採用しています。
広島は1等地から2等地に改定され、保険料が若干上がります。

(2) 地震保険割引の拡大
従来の「建築年割引」「耐震等級割引」に加え、「免震建築物割引」および「耐震診断割引」を新設します。
① 免震建築物割引
建物が、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に規定する免震建築物であると所定の資料で確認できた場合、その建物またはその建物内に収容の家財に対して、30%の割引を行います。
② 耐震診断割引
耐震診断または耐震改修の結果、建築基準法に定める耐震性能を有することが所定の資料で確認できた場合、その建物またはその建物内に収容の家財に対して10%の割引を行います。

※地震保険の割引は、条件を満たす場合であってもいずれか1つの割引のみ適用し、重複して適用することはできません。


最近、火災保険料の払いすぎや保険金の不払い等でご迷惑・ご心配をお掛けしておりますが、現在は全てのご契約に対し、評価基準・評価額・建物の構造・各種割引等、建築確認書等で細かくご確認の上、ご継続のお手続きを行っております。

ご不明・ご心配な点がございましたら代理店までお気軽にご相談下さい。

スポンサーサイト



| お仕事 | 15:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月