FC2ブログ

i f ナイター中継

高陽町から発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

父VS娘

16歳の娘が父親を殺害するというショッキングな事件がありました。

私も同じ年の頃、父親が嫌いで、殺してやろうかと思ったことがあります。

(ちなみにそれは私のおてんばが過ぎて、
コタツのコードでぐるぐる巻きにされた時ではありません)

父は泥酔して帰宅し、無抵抗の母親に暴力を振るっていた時期があった。
父親を制止しようと私が父親に殴りかかる。
私も父に殴られる。
殴られてもまた父に殴りかかる。
父より暴れる姉ebikoを止めようと、弟が私の首を絞める。

振り返ると、なんて恐ろしい家族だ。

その頃の父はこの人に似ていました

どんなに憎くても人を殺すと自分の人生・家族がどうなるかを考える。
そうやって自分に言い聞かせていたが、
父親の暴力はその頃だけで、その後ピタッと止まった。

そしてだんだん父親も変わってきた。

産後、家で閉じこもって子育てしている私によく電話をしてきて

『今テレビで離乳食の作り方やっとるけぇ見とけよ。じゃあの』
『おまえ、カネのことで亭主に文句言うなよ。じゃあの』
『今日はカープ勝ったんか?ほうか。じゃあの』
『灯油あるんか?風邪ひかすなよ。じゃあの』


暴力等がなくても、父親を嫌う時期は少なからずあるもの。
ぶっきら棒でそっけない態度でも父親の愛情に気付き感謝する時が来る。
63歳で亡くなりましたが、よい父親でした。

応援してね♪


AUTHOR: 広島人ゆう URL: http://yuunohitorigoto.cocolog-nifty.com/blog/ DATE: 09/19/2007 22:15:53 ショッキングでしたね。
ebikoさんのお父さんはいいお父さんだったんですね。
うちの父も酒飲みで酒乱で暴力振るって借金だらけで酷い父だったけど、私が25の時亡くなって、思い出すのは、父への感謝の思いだったりする。

今日の事件、何とかならなんかったんかな~・・・って思うよ。。。

| ebiko | 22:06 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

闇のコーチです・・・

その電話はいかりや長介の真似をしてたとか?



私の父も酒を飲むと・・・・

私も若い頃・・・いやいや今でも若いですが親父に背負い投げをした事もあったかな~~~(笑)いくら憎んでも家族だから時間とともに許せるんですよね・・・



他人ともいつか分かり合える、許せる。そんな広い心を持ちたいですね・・・あ~~~今はその達人の域まで全然達していませんが・・・・でもそんな自分が好きhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face2_full_m.gif>



| 闇のコーチ | 2007/09/20 01:01 | URL | ≫ EDIT

再び闇のコーチ

いかりや長介・・・加藤茶でした・・・

 

そんな事に気付く自分が好きhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face2_shock_m.gif>

消しとってね・・・

| 闇のコーチ | 2007/09/20 01:05 | URL | ≫ EDIT

遠い昔に・・・・・



 私も15の頃 母親を殴り殺してやろうと



 (具体的スギ?/笑)ビール瓶片手に立ち尽くした

 

 コトがありました・・・・



 どうやって その殺意を乗り越えたのかは



 今だ疑問ですが・・・



 今では多少 打ち解けてるように感じています。



 

| まさこま | 2007/09/20 02:06 | URL | ≫ EDIT

やんじさんへ

そうです。その頃も審判をやっていたと思う。

仕事のことで思うようにいかなかった時期だったのかも。

本当のことは分からないけど、親に心を開けない子供たち。

私にも今が大事なんだと思います。

| ebiko | 2007/09/20 02:30 | URL | ≫ EDIT

シシマルへ

>家族だから時間とともに許せるんですよね

うん、そうですよね。



>他人ともいつか分かり合える

それは人による(笑)



「8時だよ!全員集合」を大人になって見てたんだ~?

ジジイじゃね~。

私は小学生だったよ~。

| ebik0 | 2007/09/20 02:39 | URL | ≫ EDIT

まさこまちゃんへ

おつ~!

まさこまちゃんもそんな時があったんだね。

誰しも一度は「親なんて居なくていい、死んでしまえ」って思う時期があると思う。

本当に死なないと悲しさや大事なものが分からないのか。

そんなこと無いと思うけどね。

| ebiko | 2007/09/20 02:46 | URL | ≫ EDIT

親って…

こういう事件を聞いて、自分の経験も含めて思うんですが、ちょうどこの時期って親の弱さに気づく時だと思うんです。大人ってやっぱりすごいものって無意識に思っていて、高校生ぐらいで本当の部分が見えて嫌になる。



それを乗り越えたときに初めて親に感謝できるのかなって思います。私も最近ですけどね、親ってのがなんとなくわかりだしたのは。





それと、佐々岡選手が引退されますね。古田選手もそうですが、もうシーズン終わる時期なんですよね…。

| アスカ | 2007/09/20 11:54 | URL | ≫ EDIT

アスカさんへ

親だって完璧な人間ではないですからね。

無償の愛を感じた時にはじめて感謝できるのかな。



佐々岡選手引退!?本当だ。

古田監督の涙に朝からもらい泣きしましたhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/namida.gif>

寂しいですねぇ。

| ebiko | 2007/09/20 12:47 | URL | ≫ EDIT

Unknown

私の父は私が8歳の時に亡くなりました。

父のことが大好きでいい思い出しかないのは

そのせいかもしれませんが、

ある友達に何年か前、

「マリリンはお父さんが早く死んでうらやましい。」

と言われて、とても複雑な気持ちでした。



大嫌いな父親にどうしても心が開けなくて

父親が亡くなっても泣けなかったと。

悲しめない自分がイヤで泣いてしまったと。



私から見ると、厳しくても何でもいいから

父親にはもっと生きていて欲しかったから

友達の言葉に一瞬ムッとしてしまったんだけど、

今なら、友達の気持ちも分かるような気がします。



父を愛せない気持ちを抱えながら生きること、

つらいでしょうね。



そして、父を大好きと言えるのが

どんなに幸せなことか…。



もしかしたら私も、父親が長く生きてたら

父の嫌な面をもっと見てしまってたのかな?



それでも、そんな感情を乗り越えて、

やはり愛しいと思えるようになっていたのかな?



たくさんの人が自分と父親との関係を

思い起こしたことでしょうね。

本当にいろんなことを考えさせられる事件でした。



| セラピスト☆マリリン | 2007/09/20 22:01 | URL | ≫ EDIT

マリリンさんへ

お父様は早くに亡くなられたんですね。

小さいマリリンさんを残してお父様もさぞ心残りだったでしょう。

しかしそのお友達の言葉は・・・思っても口に出して言ってはいけないと思うな。

自分で自分の身内を腐しても、他人に言われるとムッとするのに。

偶然見た若い女性のブログでは「私はお父さん大好きだから、信じられない。娘が死ね」とありました。



たくさんの娘が父親の存在・関係を振り返ったでしょうね。

| ebiko | 2007/09/21 02:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebiko326.blog50.fc2.com/tb.php/377-a44fa48e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT