i f ナイター中継

高陽町から発信しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寝言に返事

昨夜、寝ていた息子がムクッと体を起こして
「母さん!早く!早く!もう、何しよるん!」と寝言を言った。

息子はよく寝言を言う。
昨夜も目を開けてキョロキョロしながら言ってた。

多分、息子は全員が朝寝坊した夢を見たんだと思う。
私は息子を安心させようと思い、
「大丈夫よ。まだ夜じゃけぇ、ゆっくり寝んさい」とナデナデした。

そこでふと思った。

寝言に返事しちゃ いけんかった??

魂を抜かれるんかいね?? (lll゚Д゚)ヒィィィィ 

調べてみたら迷信だった。ホッ。


『何故、寝言に返事をしてはいけないのか?』

寝言をいうのは浅い眠りのときです。
このとき脳の言語をつかさどる部分はコッソリ起きているので
実はあんまり休めてないわけです。
そんな状態の人の寝言に返事をすると、
寝ているとはいえその人の脳に刺激を与えちゃうわけです。
で、意識は寝ているものの返事をしようとするので、
結局、脳は休むことが出来なくなっちゃうわけですね。

つまり寝言に返事をすると、その返事に対してさらに返事をしようとして、
寝てる人の神経を疲れさせてしまい、さらに浅い眠りになってしまうから、
寝言に返事をしてはいけませんと言うことになったらしいです。

それから、本人に自覚がない寝言でも、秘密や悩みを言うことは
まずないとのこと。
睡眠中も防衛反応が働いていて、都合の悪いことはしゃべらないとか。

本当かな~??
家族の知らない名前をつい・・・ってこと、ありそうじゃん


朝、息子に「また寝言を言よったよー」と言ったら
やはり覚えていませんでした。


| ebiko | 11:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebiko326.blog50.fc2.com/tb.php/89-32fd76f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。